トップページ > 洗顔後の保湿はドライスキンの予防・改善に大切なこと

乾燥肌にはやっぱり保湿?砂漠に水分補給!スキンケアの極意

秋冬の乾燥肌って季節柄部屋や会社でも乾燥しがちでお肌にとって最悪ですよね。対策には保湿や水分保持などができるクリームや美容液がひつ王ですよね。自分でできるスキンケアの方法について解説
フレーム上

最終更新日:2017/07/21

洗顔後の保湿はドライスキンの予防・改善に大切なこと

洗顔後の保湿はドライスキンの予防・改善に大切なことです。これを怠ることでますます肌を乾燥させてしまいます。加えてクレンジングやメイク用品についても保湿力のあるものを選んでください。

これに限らず保水にいいといわれる入浴剤をおふろに入れたり、温度の高いお湯を使わないというのも乾燥肌に有効です。

保水能力が小さくなると肌のトラブルを引き起こす原因になるので、気を配ってください。では、保水機能を上昇させるには、どんな肌の保護を学べば良いのでしょうか?保水力を強くするのに効果のあるスキンケア法は、血液の流れを潤滑にする、美肌効果の高い成分でできた化粧品を試してみる、上手に洗顔するという3点です。

肌にシワはどうやってできるのでしょうか。

原因なら、乾燥が一番であることはよく言われているようです。

部屋のエアコンの空気にさらされていたり運動時に流した汗が、肌の保湿成分も一緒に流してしまった時などは特に注意をした方が良いでしょう。

肌の乾燥を防ぐための具体的な方法としては、こまめな保湿で肌を乾燥させないようにするのが乾燥によるシワを防ぐためには大事なことです。そのためにスプレータイプの化粧水を持ち歩くのは便利です。

どこでもひと吹きするだけでいい手軽さがあります。

また、大量の汗をかいた後などは、すみやかに保湿を行いましょう。もし肌荒れに対処する場合には、セラミドを摂取するようになさってみてください。

セラミドという物質は角質層の細胞の間で水分や油分などを抱え込んでいる「細胞間脂質」のことです。

角質層は何層もの角質細胞から成っていて、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。

皮膚の表面を健康な状態にしておく防護壁のような機能もあるため、必要量を下回ると肌荒れしてしまうのです。

オイルを肌のお手入れに取り入れる女性も増えてきているのではないでしょうか。毎日のスキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルを使用することで、保湿力をグンと上げることができると話題です。

オイルの種類を選ぶことによっても様々な効果が表れますので、適度な量の、自分のお肌に合ったオイルを使うとよりよいお肌になるでしょう。

質が重要ですので、オイルを選ぶ際は、古いものは使わず、新鮮なものを使うようにしましょう。若い人の場合、なかなか自分の肌に危機感を持つことは難しいと思われますがスキンケアを全くしないまま、若いからまだ大丈夫、という風に考えている人はいないでしょうか?でも、20代の肌だからといって、シワができないなんてことはありません。シワが発生する原因としては紫外線による刺激であったり、乾燥による損傷だったりしますが、それらのダメージが一日一日と積み重なって肌にゆっくり少しずつ、影響を与えていきます。

そういうことですから、ハリのある健康な肌をできるだけ長くキープしたい場合は、なるべく20代のうちから、毎日の肌のケアをした方がよく、そうした積み重ねによってしか、美しい肌を長く維持するというのは難しいと言えるでしょう。

肌のシミは、セルフケアによってもある程度までは改善の期待が出来ます。ですが、すっかりキレイにするというのはとても難しいといえます。

ですが、あきらめる必要はありません。費用はかかりますが、美容外科を利用すれば消し去ることができるでしょう。

どうしても気になっているシミがあれば、一度、専門家に相談してみてはどうでしょうか。今では、カウンセリング無料のクリニックも多くなりました。

肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影響が考えられますが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。

その具体例として挙げられるのは、最近になってCMで話題の「肝斑」です。ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが判明しているのです。

ピルの服用によっても肝班の発症率は上昇すると言われており、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるという点が特徴として知られています。

ガングロというと懐かしいような気もしますが、今また流行の兆しを見せています。ファッションの流行の一つとして定着を見せ始めた感じもしますが、どうも引っかかるのはお肌のシミです。大丈夫という人もいるかもしれませんが、ガングロをやめた後は普通よりもたくさんのシミが目につきやすくなると言えるでしょう。

スキンケア中にふと鏡を見てちょっとした発見がありました。

それはこういうものでした。柔らかい質の肌にはしわってあまりできないのかもしれない、ということです。ほうれい線とか目尻の笑いじわなどがこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたわけですが、周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃から以前とても気になっていたしわも、気にならないくらいになっていました。

炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。

シワの対策として、簡単で、効果の高さが期待されているのはおそらくパックでしょう。

一日の終わりのパックの時間は安らぎの時間ですね。

パックを自分で作ってみても楽しいでしょう。

作り方はかんたんです。市販されているごく普通のプレーンヨーグルトにちょっとずつ小麦粉を入れ、パックに適した固さにして肌に適宜のせてパック開始、すこし休みます。

冷たいヨーグルトが毛穴をひきしめて、その成分が美白、ニキビ予防、保湿などの働きをします。

ですからシワにだって効いてくれるでしょう。

なにより、安価なのは嬉しいところですね。

お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、知ってはいながら、つい手加減なしにごしごしとクレンジングやら洗顔やらを行ったり、保湿剤やクリームをこれでもかと塗りたくってしまいがちです。メイク落としの際には、クレンジング剤が化粧汚れとじんわりなじむようにして、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトに行うのが大事です。

兎にも角にも、無駄な力は入れないようにし、摩擦刺激をできるだけ避けるように、優しくクルクルっと丸を描くみたいに、それができたら完璧なのですが、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。

スキンケアで基本であることは、汚れを落としキレイにすることと乾かないようにすることです。洗顔をきちんと行わないと肌に悪影響が生じる原因となります。また、肌が乾燥してしまうことも肌をトラブルから保護する機能を弱体化させてしまうので、絶対に保湿を行ってください。しかしながら、保湿を行いすぎることも肌のためにはなりません。スキンケアにおいてアンチエイジングに効果があるとうたっている化粧品を使うと、老けて見られる原因であるシワやシミ・たるみといったことのゆっくりにすることができます。かといって、アンチエイジング化粧品を使用していたところで、乱れた生活を続けていれば、肌が老化するのを食い止められず効果は感じにくいでしょう。

体の内部からのスキンケアということも大切なのです。

三十路も半分まで来るとシミなるものが頬や手などに見え始め、見るたびに増えているような気がします。

私の場合は原因がはっきりしていて、太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。

幼い我が子と毎日のように一緒に公園に行き、子供の大好きな遊具や砂遊びでご機嫌な時間を過ごします。早く出かけたい子供は自分の準備が終わるともう待てません。

ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。そのため、自分の方はとりあえず帽子だけかぶって見切り発車することが多くなってしまうのです。

紫外線は帽子だけでは防げませんから、地面からの反射を防ぐにも日焼け止めを塗ろうと思います。

日々の飲み物でシミ対策したい方にオススメなのがローズヒップティーです。

ハーブティーの中でも有名ですよね。

同じくビタミンCが豊富なことで知られるレモンと比べ、約20倍越えのビタミンCを含んでいて、くすみ、シミの元を体の内側からなくし、美しい肌に欠かせないコラーゲンの生成を促進してくれるので、シミが出来にくいお肌を取り戻し、クリアな肌を手に入れられます。

活性酸素の害からも守ってくれ、若返りにもいいかもしれません。

女性の中には、スキンケアなんて今までした事が無いという人もいるようです。

いわゆるスキンケアを何もせず肌天然の保湿力を失わないようにするという原理です。

でも、メイクをした場合、メイクを落とすためにクレンジングが必要になります。

クレンジングをして、そのまま放置すれば肌の乾燥が進んでしまいます。

週末だけとか、月に数回の肌断食はいいですが、足りないと感じたときは、スキンケアを行った方がよいかもしれません。美容成分が多く取り入れられている化粧水や美容液などを使用すると保湿、保水力のアップに繋がります。

スキンケアに使用する際は、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸といった成分が含まれた化粧品がおすすめとなります。

血行を良くすることも重要なことですので、ストレッチや半身浴だけではなく、適度な有酸素運動もやり血流を改善しましょう。

湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、花粉症の人がよくやってしまうように、ひっきりなしに鼻をかむと、そのことで肌は徐々に薄くなっていってしまいます。肌の外側にあって外界に接している表皮はとても薄い層がいくつも重なってできており、外傷や摩擦によって、この表皮の層は次々と減っていくことになります。

この表皮が薄くなってしまうと、そのすぐ下にある真皮までダメージを受けることが多くなってしまいます。真皮までダメージを受けてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。

洗顔石鹸に重曹をプラスしたもので顔を洗えば、皮脂や汚れが落ちる上に、シミも薄くなってきたみたいという声がネットで広まっていますが、お肌が傷ついてしまう懸念もあります。

重曹というものは精製度によって、掃除に使われるものもあれば、食品用や薬品用もあります。

食品用の重曹であっても洗顔目的では粒子が荒いので、あまり力を入れて洗わないようにしましょう。洗顔後は化粧水などでお肌をお手入れして、充分な保湿を心掛けることが大切です。

果たして効果があるかどうか疑問に思う方もいるでしょう。

気持ちのいいハンドマッサージや肌をしっとりと蘇らせてくれます。

滞りがちな血行もスムーズに流れますから肌の状態が生き生きしてきたと感じています。大切なお肌のために1番大切にしてほしいことはお肌にとって良い洗顔を行うことです。

肌を痛めてはしまう洗顔とはお肌のトラブルの原因となり潤いを失う原因になってしまう、原因を引き起こします。

お肌をいたわりながら洗う丁寧に漱ぐ、大切なことを意識して洗う顔を洗うように心がけましょう。


フレーム下 class=


2016 乾燥肌にはやっぱり保湿?砂漠に水分補給!スキンケアの極意 All Rights Reserved.

ページの先頭へ