トップページ > お肌のシミについては、ご家庭でのスキンケア

乾燥肌にはやっぱり保湿?砂漠に水分補給!スキンケアの極意

秋冬の乾燥肌って季節柄部屋や会社でも乾燥しがちでお肌にとって最悪ですよね。対策には保湿や水分保持などができるクリームや美容液がひつ王ですよね。自分でできるスキンケアの方法について解説
フレーム上

最終更新日:2017/07/21

お肌のシミについては、ご家庭でのスキンケア

お肌のシミについては、ご家庭でのスキンケアによってもある程度の改善が期待できます。しかし、シミを完全に消し去るとなったら大変難しいといえます。でも、まだ方法はあります。美容外科であれば除去することも可能なのです。もし、改善しないシミについてお悩みだったら、一度、美容外科で相談してみてはいかがでしょうか。

多くのクリニックがカウンセリング無料です。

冬になると冷えて血のめぐりが悪くなります。

血行が悪くなってくると肌の細胞に十分な栄養を届けることができず、新陳代謝が不安定になります。

そして、肌トラブルを起こしてしまうので、血行促進を心がける必要があります。

血行が良くなれば、新陳代謝が活性化され、美肌になりやすいのです。シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響をもたらしているのです。

実例の一つと言われているのが、近年、テレビCMによって知名度を上げた「肝斑」です。

ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが明らかになっています。

ピルの服用によっても肝班の発症率は上昇すると言われており、原因が紫外線のシミと比較して完治する可能性が低いでしょう。

しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。

貼るだけで顏のしわを取ってくれるというこのしわ取りテープですが、少し前にテレビの番組でコスメやその関連に詳しいという芸能人により紹介されており、その人自身も愛用しているということした。

これはしわをのばしてテープを貼り、しわが取れるよう皮膚の矯正を行なう商品のようですが、これを貼ってる最中は引き締まった気がして、いい感じらしいのですが、長い時間使用すると、肌の負担も結構大きいらしく、貼った場所に赤みやかゆみを起こすこともあるようです。

しわ取りテープでトラブル続出!みたいなことを避ける為にも、使用説明書をよく読んで、使用法を守りましょう。肌は状態を見てスキンケアのやり方を使い分けることが必要です。

肌の状態は毎日変わっていくのに同じやり方で、お肌をお手入れすれば自分のお肌にとって最良の方法ではないのです。乾燥していると思ったらたっぷりとうるおいを与えたり、刺激の大きいケアは生理前などの体にも影響がありそうなときは使わないというように変化させていくことが必要なのです。肌にふれる空気や気候に応じて使いわけることもスキンケアには必要なのです。スキンケアには順序があります。ちゃんとした順番で使わないと、効果が得られないかもしれません。

洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌に水分を与えることができます。

スキンケアの際に美容液を使うタイミングは一般的には化粧水より後になります。その後は乳液、クリームという順番で、肌の水分を補ってから油分の多いものを最後に持ってきて、肌にフタをするのです。

少し前にガングロが流行りましたが、最近になって再び、ブームになりそうな兆しが見られます。一つの形として落ち着き始めたとも言えますが、懸念されるのはお肌のシミです。誰でもではないと思いますが、自分の中でのブームが終わってガングロから焼かない肌に戻ると、普通よりもたくさんのシミが目につきやすくなると言えるでしょう。

紫外線やターンオーバーの不調が、お肌のくすみを引き起こすといったデータもあります。

不調がちなお肌の調子を整えるものとして、アロマオイルがあるようです。

特に、新陳代謝を上げて肌を生まれ変わらせてくれるネロリや、血行をよくしてくれるゼラニウムは、くすみに最適です。マッサージに利用するもよし、スチームを利用する際に、何滴かをたらして利用してみてはいかがでしょうか。

糖質を摂り過ぎるのはちょっと考えてください。砂糖などの糖質は、くすみの原因になります。糖分とタンパク質が結合することで、老化が加速してしまう糖化産物が身体のあちこちに増えるのです。

肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができていわゆる黄ぐすみになったり、シミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因になってしまいます。乳製品の中でもヨーグルトは、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを多く含む食品です。

乳酸菌は腸内環境を整え、健康で潤いのあるお肌を作ります。

ビタミンBはエネルギー代謝を高め、お肌の生まれ変わりを助ける作用があります。また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層が緩んで、はがれていくようにする作用があることで知られています。

このような栄養素を摂ることはシミやくすみのない健康なお肌にする大きな効き目があるので、ヨーグルトはシミ対策のために、毎日食べたいものです。

最近の話です。肌のケアをしていた時にとあるインスピレーションを得ました。

充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわはできにくくなるのかもしれない、ということなのです。年々深まる目の周りのじわやほうれい線がどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのですが、炭酸パックを試し始めてしばらく経ち、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。

気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々の仕事をこなしていたある日の事、なんとなく鏡を見て、さらにじっくり見てひっくり返りそうになったのです。目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさをはっきり映っていました。この日から、私の心境に変化が生まれたのです。

どんなに疲れて帰宅してもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、肌を大事にしよう、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出そうと思いました。保水力が弱まると肌トラブルを起こし易くなってしまうので、気を配ってください。

水分を保つ力をより強めるには、どんな肌の保護を学べば良いのでしょうか?保水機能アップに効きめのある肌ケアは、血行を促進する、肌を美しく保つ機能のある化粧品を使ってみる、洗顔の仕方に気をつけるという3方法です。

肌の調子を整える事に必要なことは適切な洗い方です。肌に残らないように気をつけて、メイク落としをしないとカサつき肌になってしまうかもしれません。

しかし、クレンジングに念を入れすぎれば、必要以上に肌の皮脂を取り除く結果になってしまって、必要な水分も保てず、肌が乾燥してしまいます。

また、洗顔はなんとなくで行うものではなく、正しい方法で、クレンジングを実践して下さい。肌にはその人の正直な年齢がよく表れているように感じます。

パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。ここはシワも増える一方ですし、クマもずっと離れませんので、年齢あがるにつれ、この部分について悩む人は増えていくそうです。そして肌のつややかさや張りが年齢を重ねるに従って失われていくと、その分、シワとなって見える形で表に出てきます。

ここでは顔だけを見てみますが、どこにできたシワで多くの人は悩むのか、ということですがこれは目の周り、特に目尻や目の下あたり、それから眉間とほうれい線といったところでしょうか。みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、シミやソバカスのないお肌を作るためには、大きく役だってくれます。ただ、食べ方には注意しましょう。

紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が光や紫外線への反応を高めてしまい、逆にシミの原因になることもあるそうです。

美肌のために食べるのなら、みかんを食べるのは朝より夜、といえます。スキンケアを目的としてエステを利用するとき、エステ用に開発された機器などで毛穴の汚れを取り去り肌をしっとりさせます。

フェイシャルコースを選んだ人の9割以上の人がまだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミが目立つようになってきたんです。

私の場合は原因がはっきりしていて、日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。出産後、歩けるようになった子供と、雨降りの日以外は毎日仲良くお気に入りの公園に行ってました。

子どもの身支度もするので、そのため、自分の方はとりあえず帽子だけかぶって見切り発車することが多くなってしまうのです。

でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。後悔先に立たずですから。アンチエイジング成分配合の化粧品をお肌のお手入れに使えば、老化の象徴であるシワやシミ、たるみなどが遅くすることができます。しかし、アンチエイジング化粧品を使っていたとしても、乱れた生活を続けていれば、肌の老化のほうが優ってしまいその効果を感じることはできません。

身体の内部からお肌に働きかけることも大切です。一番有名なコラーゲンの効能といえば、美肌になるという効果です。

コラーゲンをとることによって、体の中にあるコラーゲンの新陳代謝が促進されて、肌の潤いやハリに効果があります。

実際、体内のコラーゲンが足りなくなると肌が老化してしまう原因となるので、若々しくいるためにも摂取されることをおすすめします。

身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至るまで毛細血管が網羅しており、表皮や真皮といった皮膚を構成する全ての組織、細胞のひとつひとつに酸素と栄養を届ける大事な通り道であり、また、不要の老廃物を排出するための経路ともなっています。

喫煙による害は様々ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管が収縮してしまう、というものがあります。毛細血管の末端のあたりは狭まって詰まってしまうので、肌の細胞の隅々まで栄養や酸素は行き届かなくなります。

このため表皮が弱って、その大きな機能の一つであるバリアの機能が低下し、表皮が弱ると、真皮の力も弱まります。そうやって肌は貼りや瑞々しい弾力をなくしてしまうので、そうなると肌表面はシワが増え、たるみも目立ってくるのです。

喫煙は、みずみずしい肌のためにはおすすめすることができません。近頃、ココナッツオイルをスキンケアに生かす女性が激増しているようです。

化粧水をつける前後のお肌に塗ったり、スキンケア化粧品に混ぜて使うといいのだとか。メイク落としにも利用でき、マッサージオイルとして使っている方もいらっしゃいます。

当然、毎日のお食事に加えるだけでも肌のお手入れに効果があります。ですが、体に吸収されるものですので質の良さにはしっかりこだわりたいですね。


フレーム下 class=


2016 乾燥肌にはやっぱり保湿?砂漠に水分補給!スキンケアの極意 All Rights Reserved.

ページの先頭へ