トップページ > 出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の身

乾燥肌にはやっぱり保湿?砂漠に水分補給!スキンケアの極意

秋冬の乾燥肌って季節柄部屋や会社でも乾燥しがちでお肌にとって最悪ですよね。対策には保湿や水分保持などができるクリームや美容液がひつ王ですよね。自分でできるスキンケアの方法について解説
フレーム上

最終更新日:2017/07/21

出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の身

出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の身体は妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大きく変化してしまい、様々なトラブルに見舞われます。

中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルはよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるようです。

女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが出産後はいきなり量を激減し、更にストレスや睡眠不足で肌の大事なバリアの機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。そうやって乾燥し、荒れた肌は大抵敏感肌も併発しますから、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使ってとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。

とはいえ、あまり時間もとれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かもしれません。洗顔後の保湿は乾燥肌の予防、改善に必要なことです。これを怠けてしまうとより肌の乾燥を生んでしまいます。そのほかにも、クレンジングや化粧用品も保湿力や保水力のあるものを使ってください。さらに保湿効果のある入浴剤を使用したり、温度の高いお湯を使わないというのも乾燥肌に効果があります。

肌のくすみが目立つ原因として糖分の摂り過ぎを疑ってください。甘いものをたくさん食べる生活が続くと、自分に合った美白化粧品を使っていてもお肌がくすんで、黄ぐすみ状態になることがあるでしょう。

コラーゲンと糖が結合し、働きが弱まっている可能性があります。

コラーゲンと糖が結合し、有害な糖化物質になることをコラーゲンの糖化と呼んでいます。

老化を食い止めるためにも、甘いものを食べすぎないようにしてください。

お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。シミの正体とはいったい何なのかといえば、肌の細胞内に生成されたメラニンという色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。肌のターンオーバーを促進することでシミを薄くすることが期待できますが、ピーリングによって古い角質を落とせば、さらに効果がアップします。

ですが、ピーリングによる過剰なケアはお肌の負担となってしまう危険性もあります。シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響をもたらしているのです。

ひとつ例を挙げるとしたら、この頃になってCMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。

この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、この患者となりやすいのが妊娠中や出産後の女性であるということが明らかになっています。

他にも、肝斑はピルの服用によっても発症が促されるということが知られていて、その治療は紫外線によるシミに比べて困難であるという特徴があります。

スキンケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、また乾かないようにすることです。洗顔をきちんと行わないと肌にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。

さらに、肌の乾燥もまた肌をトラブルから保護する機能を退化させてしまうため、保湿を欠かすことがないようにしてください。しかし、余計に保湿を行っても肌にとってよくないことになります。若いうちから肌にこだわる人は、なかなかいないかもしれません。どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、スキンケアを全くしないまま、自分はまだ若いし肌も丈夫だし問題ない、なんて思っている人はいないでしょうか?例え20代の肌であっても、お構いなしにシワはできます。肌にシワができる原因は紫外線や乾燥による肌へのダメージによるわけですが、ダメージが日々蓄積していくことが肌にゆっくり少しずつ、影響を与えていきます。

なので、もしハリのある若くて健康的な肌をなるべく保ちたいと考えるなら、若いうちから日々コツコツと肌のケアを欠かさず行なった方がいいのです。しわ取りテープというユニークな商品があります。この貼るだけでしわを薄くしてくれるらしいこのしわ取りテープなのですが、テレビで少し前にコスメ関係に詳しいとされるとある芸能人に説明されていましたが、自身も愛用しているということで、なかなか熱心でした。これはしわをのばしてテープを貼り、しわが取れるよう皮膚の矯正を行なう商品のようですが、これを貼ってる最中はテープに引っ張られて、効いているような気持ちになるようですが、だからといって長い時間貼り続けているのは、肌に良いわけはなく、貼った場所に赤みやかゆみを起こすこともあるようです。

しわ取りテープを使ってみたら、大変なことが起こってしまった!なんてことになったら大変です。

正しい方法で使用しましょう。

肌にはその人の正直な年齢がよく表れているように感じます。パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。

ここはシワが多くなるし、クマが出現しやすく、またなかなか去りませんから、年を経るに従い、この部分に悩む人も増えていくようです。

それから、肌のハリ、ツヤが年を取るに従って少しずつ失われると、肌はしぼんでシワとなります。

顔に限定してみますと、どの部位のシワで悩む人が多いのかというと不機嫌そうに見える眉間にできた深いシワ、目の下や目尻の笑いジワ、これのおかげで一気に老けて見えるほうれい線などです。

例えば、紫外線の量が同じだとしても、肌に出来るシミは人それぞれです。それはつまり、紫外線がシミになりやすい肌が存在しています。

詳しく言いますと、きめの細かい白い肌を指します。見分ける方法としては、夏場、日焼けすると赤くなってしまうタイプの人です。

美しい肌はデリケートですから、注意が必要でしょう。三十路も半分まで来るとシミなるものが頬や手などにあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。原因はよくわかっていて、天候にかかわらず、降り注いでいる紫外線です。靴をはけるまでに成長した子供とほとんど毎日、公園で遊んでいました。早く出かけたい子供は自分の準備が終わるともう待てません。ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。自分の日焼けのことなんて、ころっと忘れて出かけてしまうこともしばしばです。ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。

ポケットに入れてでも持っていくことにします。

シワの原因をご存知でしょうか。これはいくつもあるのですが、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。

肌の水分が足りなくなって、乾燥して皮膚表面のシワが増えて行く事になります。

顏の中でも目尻というパーツは、皮脂の分泌が少ない部分であり皮膚が乾燥すると、その影響をすぐに受けしまい、他の部分に先駆けて、小ジワが出てきてしまうようなのです。

さらに、加齢によって皮膚の張りを保つコラーゲン、ヒアルロン酸といった皮膚の構成成分が減っていくばかりですから、シワやたるみは年齢を重ねるにつれ増えていく一方になります。ヨーグルトは栄養豊かで、乳酸菌やビタミンB、フルーツ酸などを特に多く含んでいます。乳酸菌は腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つ働きがあります。

ビタミンBはエネルギー代謝を高め、お肌の生まれ変わりを助ける欠かせない栄養素です。さらに、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩め、角質層がはがれるようにする大事な作用があります。このような栄養素を摂ることはシミ・くすみ対策と美白に効果を期待できるため、シミやくすみ対策のために、食べたいものの一つです。かつて一世を風靡したガングロが今またブームが起こりそうな気配です。

一種の主張としてなじんできたのかもしれませんが、懸念されるのはお肌のシミです。人それぞれですが、やはりガングロ卒業後にはより多くのシミが通常の場合より生じるように思われます。お肌に現れたシミに悩んでいる方はかなりの数にのぼるでしょう。

シミ改善に効果的な食べ物として、はちみつを紹介しないわけにはいきません。

はちみつの含有成分にはシミの色素を薄くする効果があるので、肌にできてしまったシミ、そばかすなどを改善してくれます。シミが無ければ良いのにとお悩みだったらはちみつを買ってみるというのも良い方法ですよ。

お肌を見れば、肝臓の調子もわかります。

肝臓では、血液を通してつくられた老廃物や毒を代謝・分解し、有害な物質を無害にしているのです。

肝臓が十分解毒してくれないと、有害物質が血液中に増えていき、肌の調子を乱していくのです。日頃から肝臓の調子に気を配ることがきれいな血液、健康的な肌へと近づくキーポイントなのです。

美白成分といっても様々ですが、お肌のシミに強いのがプラセンタだといえます。シミの原因のメラニンが新たにできることを防ぐという働きをしてくれます。

また、身体に素晴らしい作用をする成長分子を含んでいて、細胞が次々と生まれ変わり、蓄積された古い角質と一緒にシミからも解放されることでしょう。さらにコラーゲンの生成も高めるなんて効果もあるため、お肌のお手入れとしてバッチリですね。大満足の結果へとつながりそうです。

美白効果を期待して、輪切りのレモンを顔に乗せて、レモンのパックにするのが一時期流行っていましたがお肌には悪影響しかないので、絶対禁物です。レモン果皮の成分を直接肌につけると、紫外線が当たったとき皮膚にダメージを与えます。

シミを薄くしたり、予防する効き目をレモンでねらうならば、有効なのは食べることです。

仕事と生活に精一杯のアラサーです。

毎日クタクタになってそれでも仕事をしていますが、ある日、鏡に映った自分の姿を見て大変驚いてしまいました。目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさを思い知らされた気がしたのです。この日から、私の心境に変化が生まれたのです。

どれ程疲れていようが、家に帰ったら面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、肌を守るためにできることをしよう、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。乾燥が気になる肌は、毎日顔を洗うこととそれをした後の水分補給のケアを正しくやっていくことで良くなると言えます。日々化粧をしている方は、メイクを落とすことから改善してみましょう。かクレンジングで大切なことは、化粧をちゃんと落として更にそれと一緒に、肌を守ってくれる角質や皮脂は肌から取りすぎないようにすることが大切です。

エステはスキンケアとしても利用できますが、ツボに効くハンドマッサージや保湿してくれます。

肌の血行不良も改善されますから新陳代謝も盛んになるでしょう。

つらい乾燥肌でお悩みの方のスキンケアのポイントはお肌の水分を保つことです。また、皮脂を必要以上に落とさないというのも日々チェックすべきことです。

クレンジングで力強くこすったり、強力な洗顔料を使用して皮脂が必要以上に落ちてしまうと乾燥肌の方はさらに乾燥してしまいます。

顔を洗うときのお湯の温度は熱すぎるとかえって肌に負担をかけます。

保湿だけに限らず自分の洗顔方法をチェックしてみてください。


フレーム下 class=


2016 乾燥肌にはやっぱり保湿?砂漠に水分補給!スキンケアの極意 All Rights Reserved.

ページの先頭へ