トップページ > ご存知の通り、冬が来ると寒くて血のめぐりが悪くな

乾燥肌にはやっぱり保湿?砂漠に水分補給!スキンケアの極意

秋冬の乾燥肌って季節柄部屋や会社でも乾燥しがちでお肌にとって最悪ですよね。対策には保湿や水分保持などができるクリームや美容液がひつ王ですよね。自分でできるスキンケアの方法について解説
フレーム上

最終更新日:2017/07/21

ご存知の通り、冬が来ると寒くて血のめぐりが悪くな

ご存知の通り、冬が来ると寒くて血のめぐりが悪くなります。血のめぐりが悪くなると肌細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝がくずれてしまいます。その結果、肌トラブルを起こしてしまうため、血行促進を心がけることが大事です。血液の流れが改善されれば、代謝がよく活動し、綺麗な肌をつくるようになります。

乾燥肌の方がスキンケアで気をつけないといけないことは常に保湿を意識することです。

それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも大事なことです。

高価なクレンジングや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまって肌はますます乾燥します。

洗顔のとき使用するのはぬるま湯にしないと、必要以上に熱いのはNGです。保湿ももちろんですが自分の洗顔方法をチェックしてみてください。皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、表皮や真皮といった皮膚を構成する全ての組織、細胞のひとつひとつに酸素と栄養を届ける大事な通り道であり、細胞からの老廃物を運んでいく通路にもなってます。喫煙による害は様々ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管が収縮してしまう、というものがあります。毛細血管の末端のあたりは狭まって詰まってしまうので、肌の細胞の隅々まで栄養や酸素は行き届かなくなります。

このため表皮が弱って、その大きな機能の一つであるバリアの機能が低下し、真皮もその機能を落としてしまいます。そうやって肌は貼りや瑞々しい弾力をなくしてしまうので、結果としてシワやたるみが増えていきます。

肌のことを考えるのなら、ぜひとも禁煙する方が良いのです。

肌にシワはどうやってできるのでしょうか。原因なら、乾燥の影響が大きいようです。

部屋のエアコンの空気にさらされていたり運動をして、汗が肌の保湿成分ごと流れていってしまった場合などは最大限の注意を払いましょう。それではこの乾燥にどう対処したらいいかというと、ひんぱんに保湿をすることが大切です。スプレータイプの化粧水はその点手軽で便利です。

どこでも取り出してシュッとひと吹きできます。

それから、大量の汗をかいた後などは、すみやかに保湿を行いましょう。

乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などがヨーグルトは豊富です。乳酸菌は免疫力を向上させ、お肌のバリア機能を高めます。ビタミンBはエネルギー代謝を高め、お肌の生まれ変わりを助ける欠かせない栄養素です。さらに、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩め、角質層がはがれるようにする大事な作用があります。このような働きがシミやくすみを改善し、美白する効果を果たしています。ですから、ヨーグルトはシミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。近頃、お肌がくすんできてるなぁと思った方はスキンケアの第一歩である洗顔を見直すことが必要かもしれないです。メイクでもなかなか隠せない毛穴にたまった角栓がくすみの原因なのです。悪習慣などで肌が新しく生まれ変わろうとする働きを邪魔すると、古い角質はいつまでも剥がれません。

普段の洗顔のポイントとしてあげられるのは、ぬるま湯を使い、肌の保湿成分が配合された洗顔料できめ細かい泡を立てて洗います。週一回くらいは古い角質を取り除くことができるピーリング石鹸を使用するとくすみの改善につながります。キメの細かいみずみずしい肌といえば憧れの的ですが、このキメというのは肌の上に見られる皮溝という細い溝のようになった線と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。キメの整っている肌の表面では皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。しかし、皮膚のバリアの役目を担う表皮が乾燥し、荒れると、皮丘は形を崩し、キメは粗くなります。

表皮が荒れたままだと、バリアとしての働きは弱まっていきますので、表皮が覆う真皮もそのうち傷つくことになります。

皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみを作ることになります。お酒も適量ならば全身の血行を良くし、お肌の血行も良くなります。

また、酒粕はパックとして使え、くすみのない肌になるそうです。

板状の酒粕を小さくちぎり、容器の中で水を少しずつ加えながら柔らかくし、ゆるめのペーストを作ります。

垂れない固さになるまで小麦粉を混ぜ、全体がなめらかになればパックとして使えます。

ただ、酒粕の匂いが苦手な方は止めた方がいいでしょう。シワ対策として、簡単で効果が期待できるものといえばパックかもしれません。一日かけて溜まった肌の疲れをとるための一息つける時間です。

ところでたまには自家製の即席パックを使ってみるのはいかがでしょうか。

市販のプレーンヨーグルトに小麦粉をいれてパックできる固さに調節しお肌にのせたら少し休みましょう。

ヨーグルトの成分が美白や保湿の効果を肌に与え、冷たさで毛穴も引き締めてくれますしシワ予防にも効果が期待できそうです。ビタミンCの美白効果をねらって、レモンを直接顔に貼り付け、レモンパックをすることが話題となりましたが、かえってシミの原因を増やしてしまうので、今は誰も勧めていません。レモン果皮の成分を直接肌につけると、紫外線が当たったとき皮膚にダメージを与えます。

美白やシミ予防の効果を期待してレモンを摂るのなら、食べるか、飲んだ方が良いでしょう。洗顔フォームやソープに重曹を混ぜて使ったら、肌の汚れがきれいになり、シミが薄くなったと口コミで話題のようですが、注意しなければ、逆にお肌を傷つけてしまうこともあり得ます。重曹は精製の程度によって、薬品用や食用のものから、掃除用のものまであります。

食品用の重曹であっても洗顔目的では粒子が荒いので、ゴシゴシ洗わないよう気を付けましょう。

そして、洗顔の後は化粧水などのスキンケアによって、たっぷりと潤いを与えてください。スキンケアで一番大事なことは余分なものを落とすことです。

きちんとメイクを落とすことで肌の状態を清潔に保たないと肌が荒れてしまうかも知れません。

けれど、丁寧すぎるほど丁寧に洗ってしまうと、必要以上に肌の皮脂を取り除く結果になってしまって、肌荒れの原因になってしまいます。それに、洗うと言った作業は自分なりの方法ではなく、正しい方法で、クレンジングを実践して下さい。シミでお困りの女性にぴったりの飲み物は飲む美容液。

ローズヒップティーです。

レモンの数十倍というビタミンCを贅沢に含み、くすみ、シミの元を体の内側からなくし、肌の再生に必要なコラーゲンを生成して紫外線で疲れた肌を元気にし、透明感ある理想の肌へとなるでしょう。

活性酸素の害からも守ってくれ、肌年齢の若返りに期待できます。プロの手によるハンドマッサージや特に春先に気になる毛穴の汚れを見事に取って肌をしっとりさせます。肌の血行不良も改善されますからエステでフェイシャルコースを受けた大半の人が「美しいお肌のためには、タバコは厳禁!」なんて言葉をよく聞きますが、それは美白に関しても、同じなのです。

もしあなたが、白い肌を目指したいのなら、タバコは今すぐ止めるべきです。その理由として真っ先に挙げられているのが、タバコによってビタミンCが壊されてしまうことです。

このままタバコを続けると、美白に大事なビタミンCが減ってしまいます。肌が薄いとされる人の場合、シワが作られやすいようになっているそうです。

もし、自分はシワができやすいかも、と疑っている人は肌の自己チェックをしてみましょう。肌から血管が青く透けて見えているなら、大体薄い方だと考えてよいでしょう。

どうして皮膚が薄いとシワになるかと言いますと肌が充分に水分を蓄えておくことができません。

そのため、ハリがなくなり、肌がしぼんだ形になって、シワができやすくなるのです。

そして年々、肌は薄くなっていくそうなので、肌の状態には気を付けた方が良いでしょう。

スキンケアにおける基本は、肌の汚れを落とすことと肌の水分を保つことです。しっかりと汚れを落としてキレイにしないと肌の異常の原因となります。そして、肌が乾燥してしまっても外部の刺激から肌を守る機能を低下させることにつながるので、保湿を必ずするようにしてください。

でも、潤いを与えすぎることも悪いことになります。美白やシミ対策をうたった化粧品はたくさんあります。

すでにできてしまったシミを薄くしたい場合、まずはシミの原因は何かを十分理解してください。どんな化粧品でも、自分のシミに有効でなければシミを増やす結果になりかねません。美容外科で、レーザー治療などの本格的な治療を受けることもできますが、生活習慣を健康的に整えていくことが美白への最短ルートだと言いきってよいでしょう。

シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大きく影響しているということをご存じでしょうか。実例の一つと言われているのが、近年、テレビなどでご存知の方も多い「肝斑」なのです。この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが一般的に言われています。また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、完全に治すのは紫外線によるシミよりも難しいでしょう。

皮膚を整えるためにオリーブオイルを使っている方も多いです。

オリーブオイルでメイクを落としたり、マスクのように包み込んでみたり、溜まっている小鼻の皮脂の汚れをきれいにしたりと、それぞれの方法で用いられているみたいですね。ただし、良いオリーブオイルを手入れに用いなければ、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。そしてまた、自分には違うなと思った時も早めに使うのをやめて下さい。

肌のくすみは、紫外線やターンオーバー周期の乱れによって引き起こされるという説もあります。不調がちなお肌の調子を整えるものとして、女性の間で人気のアロマオイルがあるでしょう。

特に、新陳代謝を上げて肌を生まれ変わらせてくれるネロリや、血行の促進に作用するゼラニウムは、くすみに有効です。マッサージに利用するのはもちろん、何滴かをスチームの中にまぜて使用してみるのも手です。

みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、シミのない美肌をつくリ出すために大きく役だってくれます。

食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まります。朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が光や紫外線を敏感に受け止める働きをして、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。

美肌やシミ予防を考えて、みかんを食べるのは朝より夜、といえます。


フレーム下 class=


2016 乾燥肌にはやっぱり保湿?砂漠に水分補給!スキンケアの極意 All Rights Reserved.

ページの先頭へ