トップページ > ビタミンCの美容効果を期待して、レ

乾燥肌にはやっぱり保湿?砂漠に水分補給!スキンケアの極意

秋冬の乾燥肌って季節柄部屋や会社でも乾燥しがちでお肌にとって最悪ですよね。対策には保湿や水分保持などができるクリームや美容液がひつ王ですよね。自分でできるスキンケアの方法について解説
フレーム上

最終更新日:2017/07/21

ビタミンCの美容効果を期待して、レ

ビタミンCの美容効果を期待して、レモンを輪切りにして顔にのせ、しばらくおいてパックをすることが流行になりましたが、すぐ下火になったように、美白効果はありません。すぐに止めましょう。

レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激を受けると、シミの原因になってしまうのです。シミに有効な作用をレモンのビタミンCで期待するなら、有効なのは食べることです。かさつく肌の場合、肌のお手入れが非常に大事になります。

間違った肌の手入れは症状を悪くさせるので正しい方法をわかっておきましょう。

最初に、洗いすぎは禁物です。皮脂が気がかりになるからといって1日に何度も何度も洗顔してしまうと素肌が乾燥してしまいます。反対に皮脂の分泌物が増加してしまうので、朝夜2回で十分です。お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、それでも思わず、力まかせにメイクを落としたりだとか、洗顔料を使用したりだとか、保湿剤やクリームをこれでもかと塗りたくってしまいがちです。

クレンジングの際は、お肌の負担にならないよう、あまり力を入れないようにメイクと溶け合わせるようにして、優しく指の腹で行うのがよいでしょう。とにかく、力を入れすぎないようにし、クルクル丸を描くように、それができたら完璧なのですが、うっかり力を入れてケアしています。

冬が来ると冷えて血行が悪くなります。血のめぐりが良くないと肌細胞に十分な栄養が届かず、代謝が乱れることになってしまいます。その結果、肌をいためたり、肌荒れを引き起こしてしまうため、血行の促進を心がけてください。血行が良くなれば、新陳代謝が活性化され、健康的な肌がつくりやすくなります。

困ってしまうことに、肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢をグッとあげてしまうのです。シミの正体は、肌の細胞内に生成されたメラニンという色素が皮膚の表面から剥がれ落ちず蓄積されたものをいいます。

ターンオーバーを正しく整えるとシミの軽減が期待できるのですが、ピーリングによって古い角質を落とせば、さらにその効果が期待できます。ですが、ピーリングによる過剰なケアはお肌の負担となってしまう危険性もあります。

水分不足が気になる肌は、日々顔を洗うこととその後の潤いを逃がさないようにする手入れを正確なやり方をすることで、良くなると言えます。

日々化粧をしている方は、メイク落としから見直してみましょう。

メイク落としで気をつける点は、化粧を残りなく落とした上で同時に、肌を守ってくれる角質や皮脂は肌から取りすぎないようにすることが大切です。

個人差はもちろんあるとは思いますが、だいたい38歳頃には、シワは顔に定着するようです。このくらいの年齢になると、本当に身体の疲れがなかなか取れないことを自覚するようになりますし、目の下からどいてくれないクマや、見たくもないほうれい線が顏の中で急激に目立ちはじめたりもします。

38歳になるまでは、一日の終わりに肌がくたびれていても、適切にケアしてやれば次の日の朝には元気になっていたと思うのですけど、38歳になって、またそれ以降は肌が元気になるまでに、結構時間がかかるようになってしまい、それどころかもう、復活する日はないのでは?とすら思ってしまいます。

最近、スキンケア目的でココナッツオイルを使っている女性を中心に急増しているのをご存じですか?化粧水をつける前や後に塗ったり、スキンケア化粧品に混ぜて使うといいのだとか。

もしくは、メイク落としの代わりに使ったりマッサージオイルとして使っている、という方も。

もちろん、日々の食事にプラスするだけでも抜群のスキンケア効果を発揮するんです。ただ、品質はとても重要ですのでこだわって選びたいですね。皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、皮膚のあらゆる細胞に酸素や栄養を届ける通り道となり、細胞からの老廃物を運んでいく通路にもなってます。たばこを吸うと身体に色々な悪影響があるのですが、毛細血管を収縮させるのもその一つです。道が狭くなり、毛細血管の隅々まで栄養が届かなくなります。

このため表皮が弱って、その大きな機能の一つであるバリアの機能が低下し、真皮もそれと共に機能を弱めてしまうのです。

そうやって肌は貼りや瑞々しい弾力をなくしてしまうので、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。

喫煙の肌への害を考えると、やはり禁煙をおすすめしたいところです。

肌がかさつくなら、低刺激の洗顔料を選択してよく泡立てて、肌への抵抗を減らしてください。

無理に力を込めて洗ってしまうと肌に良くないので、コツは優しく洗うことです。

また、洗顔した後は必ず保湿をするようにしましょう。化粧水のみではなく、乳液、美容液、クリームなどもケースに応じて用いるようにしてください。シワ対策として、簡単で効果が期待できるものといえばパックでしょう。

一日の終わりにパックをしながらスキンケアの時間を過ごす安らぎの時間ですね。安価で、簡単に作れる手作りパックもあります。

市販のプレーンヨーグルトに少しずつ小麦粉を足していって固さの調節をしお肌にのせたら少し休みましょう。

冷たいヨーグルトが毛穴をひきしめて、その成分が美白、ニキビ予防、保湿などの働きをします。ですからおそらくシワにも効果があるでしょう。ぜひ一度お試しください。

シミを撃退する飲み物というと飲む美容液。ローズヒップティーです。レモンと比べて20倍以上というほどのビタミンCを贅沢に含み、体の内部からメラニンの生成を抑制する効果を実感でき、様々な要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、シミ、そばかすを抑え、クリアな肌を手に入れられます。

抗酸化作用にも優れており、若い肌を取り戻すのにもいいですね。

シミを薄くし、美白するための化粧品は、多くのメーカーから発売されています。シミがある方の場合、まず、どのような種類のシミなのか把握することが必要です。

どんな化粧品でも、自分のシミに有効でなければシミが薄くなるどころか、かえって増やしてしまうかもしれません。

市販されている外用薬や内服薬を使ったり、美容外科でレーザー治療を受けたりすることもできますが、日々の生活習慣を振り返ってみることがシミを薄くし、健康な白い肌へと導く方法だと言いきってよいでしょう。スキンケアには順序があります。もしその順番が間違っているなら、せっかくの効果も半減してしまいます。

顔を洗ってからつけるのは化粧水です。

これにより肌に水分を与えることができます。

美容液を使いたいという人は基本である化粧水の次に使いましょう。それから乳液、クリームと続きます。

肌にしっかりと水分を与えてから水分が蒸発しないように油分でフタをしましょう。いつもは肌が乾燥しにくい人でも冬になるとカサつきになってしまう場合もあるので、顔を洗った後やおふろに入った後は化粧水を使うほか、乳液を合わせてつけると良いでしょう。寒い季節になるとお肌トラブルが多くなるので、スキンケアを怠らないようにしましょう。

しっかりと保湿をすることと血をよくめぐらせることが冬の肌の手入れの秘訣です。緑が鮮やかな緑茶は、カテキンがとても豊富です。

カテキンは、ビタミンCの酸化を抑えてビタミンCの作用を補完する役割をしています。

いつまでも色白のお肌を保つためにはビタミンCは必須の栄養素なので、緑茶でカテキンとビタミンCを一緒に摂っていくことで、お肌の新陳代謝を活発にし、メラニン色素が沈着することを抑える効果を望めます。

スキンケアといえば、保湿剤を使用したり、丁寧なマッサージをするといったことが効果があります。

しかしながら、体の内部からお肌に働きかけることはより重要なことなのです。

食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、タバコを吸うといった生活をしていると、どんなに高価で優れた化粧品でも、肌の状態を悪化させる一方です。

規則正しい生活をすることで、体の内部からのスキンケアにつながります。正しいスキンケアを行うには自分の肌の状態を理解し、方法を変えなければなりません。

日々同じやり方で、お肌をお手入れすればいいわけではありません。特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、生理前などお肌に影響がありそうなときは刺激の強いものから弱いケアにかえてあげるというように変化させていくことが必要なのです。そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も方法を使い分けることもお肌のためなのです。適量のお酒は血行を良くしてくれるので、美肌のためにもなるのです。

酒粕パックは手軽にできて、くすみを軽減すると言われています。

市販の酒粕を細かくして、ボウルの中で水を加えてペースト状にし、ペーストになるまでよく混ぜます。

小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、なめらかにして、酒粕パックの完成です。

もちろん、お酒の匂いに弱い方には勧められない方法です。肌のシミの原因は年齢的なものもあったり、紫外線もシミを作る原因の一つですけれど、体の中で起きている疾患がシミの原因だったということもあります。万が一、突然目に見えてシミが増えたようであれば、何かの病気にかかるのかもしれませんし、すでに病気になっている可能性もありますので、なるべく早めにクリニックで現状を伝えてください。

肌のお手入れってほんとに必要なの?と考える方もいるみたいです。毎日のスキンケアを全くはぶいて肌由来の保湿力を無くさないようにしていくという考え方です。でも、メイクをした場合、メイク落とし無しという訳にもいきません。

もし、クレンジングした後、そのままにしておくと肌の乾燥が進んでしまいます。

週末だけとか、月に数回の肌断食はいいですが、必要があれば、肌のお手入れをするようにしてください。「減量効果が高い」と聞いていたので、以前から興味のあった、ファスティングダイエットに思い切って挑戦してみたら、なんと3キロもの減量ができました。きれいになりたいという気持ちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、鏡をよく見てみると、ダイエットで見かけは少しすっきりしましたが、顔のしわが確実に増えています。

ファスティングダイエットとしわの増加が何か関係があるとは思っていませんが、関連を疑いたくなるタイミングではありましたし、取りあえず、肌のケアを続けつつ、自分で調べたりしてみようかなと考えています。


フレーム下 class=


2016 乾燥肌にはやっぱり保湿?砂漠に水分補給!スキンケアの極意 All Rights Reserved.

ページの先頭へ