トップページ > 毎日2リットルの水分補給は健康に役立ちます。お肌

乾燥肌にはやっぱり保湿?砂漠に水分補給!スキンケアの極意

秋冬の乾燥肌って季節柄部屋や会社でも乾燥しがちでお肌にとって最悪ですよね。対策には保湿や水分保持などができるクリームや美容液がひつ王ですよね。自分でできるスキンケアの方法について解説
フレーム上

最終更新日:2017/07/21

毎日2リットルの水分補給は健康に役立ちます。お肌

毎日2リットルの水分補給は健康に役立ちます。お肌のことを考えても、水を飲むことは大事です。水分を十分摂らないと、肌の血行も悪くなるでしょう。老廃物や有害物質がお肌にたまって、シミやくすみを悪化させてしまいます。

さらに、肌の乾燥を引き起こし、お顔にシワやほうれい線も増えることになります。

日頃から意識して水分を摂るようにしましょう。

乾燥する肌は、日々の洗顔とそれをした後の水分補給のケアを正確に行うことで、改めることが可能です。日々化粧をしている方は、毎日のクレンジングから変えてみましょう。化粧を落とす時の押さえておきたい点は、メイク、汚れをきちんと落とすのと共に過度な角質や皮脂汚れは残しておくようにすることです。

今、肌のお手入れにココナッツオイルを使っている女性を中心に急増しているのをご存じですか?使い方は簡単で、化粧水の前後に塗ったり、スキンケア化粧品に混ぜて使うといいのだとか。もしくは、メイク落としの代わりに使ったりフェイスマッサージオイルとしても使えちゃいます。もちろん、日々の食事にプラスするだけでもスキンケアにつながっちゃう優れもの。ただ、毎日使うものですし、質の良さにはしっかり意識して選んでください。

スキンケアにおいては、肌を保湿することや丁寧なマッサージをするといったことが効果があります。しかし、内部からの肌への働きかけはもっと重要です。

食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、喫煙を吸うといった生活をしていると、高い化粧品の効果を引き出せず、お肌は綺麗になりません。

まずは生活習慣を見直すことが、体の内側からスキンケアを行うことができます。

お肌に出来てしまったシミについては、ご自身のケアでもある程度の改善が期待できます。

しかし、シミを全く無かったかのように消してしまうことは困難でしょう。ですが、あきらめることはありません。皮膚科では消してしまう事が出来るのです。

もし、お悩みのシミがあるのならば、一度、美容外科で相談してみてはいかがでしょうか。

多くのクリニックがカウンセリング無料です。

たくさんのシミが肌にあると、本当の年齢よりも年上に見られがちなものです。歳を取るにつれて、皮膚の治癒力が衰え、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、十分な日焼け対策が必要となります。

キャップや日焼け止めなど、普段身に着けるもので直接の紫外線を避けるとともに、ビタミンCの多い野菜や果物を、意欲的に摂りましょう。

お顔のくすみは多くの女性の悩みですよね。

そんな時はもう一度、洗顔方法を考え直してみるのも一つの手です。

透明感のなさの原因は「角栓」。毛穴にたまっていませんか?生活習慣の乱れなどで正常に肌のターンオーバーが行われなくなると、古い角質はいつまでも剥がれません。

正しい洗顔方法はぬるま湯を使用して、保湿洗顔料で、たっぷりと泡を作って、その泡で洗いましょう。

ピーリング石鹸も週一回ほど取り入れるとくすみの改善につながります。寒い季節になると冷えて血のめぐりが悪くなります。

血のめぐりが悪くなると肌細胞に十分な栄養が届かず、新陳代謝に支障をきたしてしまいます。そして、肌のトラブルを起こしてしまうため、とにかく血液の流れを悪くしないように心がけなければなりません。血液の流れが改善されれば、代謝がよく活動し、健康的な肌となります。

シワ対策として、簡単で効果が期待できるものといえばパックではないでしょうか。一日の終わりのパックの時間は安らぎの時間ですね。

パックを自分で作ってみても楽しいでしょう。作り方はかんたんです。ごく普通のプレーンヨーグルトに小麦粉を入れて、お好みの固さに調整しお肌にのせたら少し休みましょう。

冷たいヨーグルトが毛穴をひきしめて、その成分が美白、ニキビ予防、保湿などの働きをします。

ですからシワにも効いてくれるのではないでしょうか。

美肌にいい成分として注目されているのが、「ポリフェノール」でしょう。

その一番のメリットは、抗酸化作用になります。

活性酸素による害から守ってくれて、紫外線トラブルを予防したり、元からあるシミも改善してくれます。

こんな文句なしの効果があるポリフェノール。それ自体は素晴らしいのですが、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。そのため、こまめに摂取することもシミ対策になりますね。お肌のシミ対策の一つとして、パックが挙げられます。美白成分の他にも、保湿成分などを十分にしみこませたマスクでフェイスパックしたら、メラニンの生成を制御してくれて、肌がワントーン明るくなるでしょう。

つい日焼けした時には大変有効で、日が変わらないうちに、適切にケアを行えば、シミ予防に効果があります。夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから季節の変わり目だと思っています。

こういった時期、肌の乾燥には大変警戒しています。

油断していると乾燥に弱い目の周りの薄い皮膚のあたりなど、細かいシワでいっぱいになり、ひどくなると乾燥が進んで赤く腫れる場合もたまにあります。

こういう時期ですから、大切な肌のためにスキンケアは入念に行うようにしていますが、化粧水や乳液でのケアだけでは物足らなくなってきてオイルの使用も欠かさなくなりました。

お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが少し前まではホホバオイル、今はココナッツオイルを使ってます。カサつき肌の人は、お肌に優しい洗顔料をチョイスしてよく泡立てて、肌への抵抗を減らしてください。

無理に力を込めて洗ってしまうと肌に良くないので、優しく、丁寧に洗うことがポイントです。

また、洗顔した後は必ず保湿するようにしましょう。

化粧水だけに限らず、乳液。美容液クリームも状況に合わせて使ってください。肌に対して、刺激や摩擦を与えるのはNGだということは重々承知の上なのですが、知ってはいながら、つい手加減なしにメイクを落としたりだとか、洗顔料を使用したりだとか、クリームを塗る際にも、強めの力で使用してしまったりしているんです。

メイク落としの際には、クレンジング剤が化粧汚れとじんわりなじむようにして、そっと指の腹の部分で汚れを落としてあげるのがベターでしょう。とにかく、力を入れすぎないようにし、無駄な摩擦を避け、優しく小さな円を描くようなやり方で!と、まあ、それができれば理想的なのですが、ふと気づくと、お肌に触る手に力をこめてしまっています。

肌は状態を見てスキンケアのやり方を変えなければなりません。

365日全くかわらない方法でお肌のお手入れをしていけばそれで大丈夫というわけではありません。特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、生理前などの体の状態にもあわせ刺激の強い方法は使わないというように分けておこなっていかなくてはならないのです。また、四季折々に合わせてケアも季節にあったケアをすることも大切なのです。美白効果を期待して、スライスしたレモンをお肌にのせてレモン果汁とオイルでパックする方法が話題となりましたが、これはパックではありません。

かえって逆効果なので、絶対禁物です。

レモン果皮の成分を肌につけて紫外線に当たると、皮膚が紫外線に敏感に反応してしまいます。シミを薄くしたり、予防する効き目を期待してレモンを摂るのなら、日々の食事の中に取り入れるようにしましょう。年齢に合わせてシミが増えてしまうと、嫌になってしまいますよね。

若者のピカピカの肌を見ると、シミの「シ」の字も知らないような美しい肌で、お化粧が映えてるなぁなんて思うと、羨ましいの一言につきます。

これからでも頑張って若い肌を維持して、これ以上、「シミが増えた」なんてことのないようにしようと思っているのです。シミといえば、主な原因としてあげられるのが紫外線や肌の老化ですので、UV対策とエイジングケアをしっかりしようと考えています。

乾燥肌の方がスキンケアで気をつけないといけないことは十分な保湿です。また、皮脂を必要以上に落とさないというのも重要なことです。

高価なクレンジングや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまって肌はますます乾燥します。洗顔に際してお湯を使いますが必要以上に熱いのはNGです。やみくもに保湿だけすればいいと思わず、自分の洗顔はこれでいいのかと振り返ってみてください。

皮膚をお手入れする時にオリーブオイルを用いる人もいるでしょう。

オリーブオイルでお化粧落としをしたり、お肌の保湿のために塗ったり、小鼻に残ってしまった皮脂の黒ずみを取り除いたりと、利用の仕方はそれぞれあるようですね。

かと言っても、上質なオリーブオイルを塗らなければ、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。

同様にして、お肌の様子がおかしいと感じた時も即、使用をとりやめるようにしてください。

洗顔を終わらせた、その後の10秒間はスキンケアの大きなチャンスタイムだということを知っておきましょう。毎日のお風呂の後、シャワーを使ってさっぱりした後、洗顔フォームなどで汚れを落としきった後の肌は、なんでも吸い込む、乾ききったスポンジのような状態になっています。

短くて重要なこのラッキータイムに何もしないでいるのはとても残念なことですし、貴重な時間を無駄にしてしまうのは、肌にとってみればきっと、残念で仕方がないことでしょう。

洗顔したら、手早くタオルで水気をとってたっぷりの化粧水で肌のケアを行ってください。みかんはビタミンの含有量がとても多く、シミやソバカスのないお肌を作るためには、おすすめの食べものです。みかんを食べるときには、タイミングに注意してください。

紫外線の刺激を受ける前にたくさん食べると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が紫外線へ敏感に反応するように作用し、お肌のためには逆効果になってしまいます。

お肌の負担を軽くするために、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。

保水機能が低くなると肌トラブルが、起きる要因が増すことになるので、気を配ってください。

じゃぁ、保水能力を向上させるには、どのような美肌の秘訣をしていけば良いでしょうか?保水能力向上にお勧めのスキンケア方法は、血行を促進する、肌に良い成分をたくさん含んだ化粧品を取り入れる、正しい洗顔法を学ぶという3点です。


フレーム下 class=


2016 乾燥肌にはやっぱり保湿?砂漠に水分補給!スキンケアの極意 All Rights Reserved.

ページの先頭へ